一般社団法人 沖縄県発明協会

発明品紹介

発明品詳細

おもり入りゴムフロート 節水奉行

種 別 :
特許
番 号 :
第3510620号
氏 名 :
仲宗根 孝
掲載日 :
平成23年4月28日

一般家庭以外にも、学校、公共施設や商業施設でも利用可能です。上記のアイデアにご興味がございましたら御一報お願いします。

特徴

 従来から普及している共通規格品のゴムフロートの内部におもりを設けたことを特徴とします。これにより、排水レバーを引いた後、すぐに落下して排水口を止栓するので自由自在に節水量をコントロールが可能です。取付方法も簡単で既に使用している一般的なTOTO型やイナックス型のパーツを交換するだけで半永久的に使用でき水道・下水道代を同時に節約できます。

効果

 本発明によれば、簡素な工程によって製造可能な、節水機能を有するフロート弁を提供できる。また、心棒を有するフロート弁において、必要とする心棒の長さを短くでき、簡素な工程によって製造可能な、節水機能を有するフロート弁を提供できる。さらに、心棒を有するフロート弁において、心棒の安定性を確保でき、簡素な工程によって製造可能な、節水機能を有するフロート弁を提供できる。

発明ポイント

 従来、水洗トイレ等において、便器を洗浄するための水が貯水されたタンクから、フロート弁を用いてそのタンクの排水口を開閉することによって、水を排水し便器を洗浄している。しかしながら、一旦排水口から流入した排水は、排水口をふさぐまでは、必要以上の水が便器の洗浄に用いられることとなり、水資源の浪費にもつながっていた。そこで、このような浪費をなくすためには、フロート弁の重量を重くすることである。このようにすれば、フロート弁は、タンク内の水位がそのフロート弁の位置まで下りてくるのを待つ必要がなくなり、必要以上の水が便器の洗浄に用いられることもなくなる。

  • sessui

この発明品について問い合わせる

発明品カタログ電子ブック

発明品紹介