一般社団法人 沖縄県発明協会

発明品紹介

発明品詳細

デンティースデンチャー

種 別 :
特許
番 号 :
特許第3403183号、3732474号
氏 名 :
儀間 喜美男
掲載日 :
平成23年4月28日

日本発の金属を使用しない入れ歯の開発に成功し、業界の注目をあびる。
株式会社デンティースが特許管理、運営を行っている。「噛める金属なし入れ歯」として沖縄県をはじめ県外にも多数出荷している。
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
HP:http://www.dentease.jp

特徴

 部分・総義歯を問わず、金属を使用せずに、負圧による面固定と唾液による吸着を利用して、健全歯に負担を掛けず装着感を快適にする。基礎床は二重構造と熱可塑性プラスチック鉤に変えた為、変形をなくし、又、軽く、クラスプ部分が透明な為、目立ちにくく、金属アレルギーもない。

効果

  • ① 歯を削らない。
  • ② 臭いが少ない。
  • ③ 軽く密着度がいい。
  • ④ 入れ歯が目立たない。
  • ⑤ 言葉がはなしやすい。
  • ⑥ 金属アレルギーがない。

発明ポイント

 一般的に入れ歯の構造は、金属クラスプ、鋳造クラスプにより製作され、残存歯に掛けて持たせる三点固定であるその為、金属アレルギーや、見栄えも悪く、残存歯に負担も大きい、又、部分入れ歯は着脱するたびに、誤って、口腔肉や、歯肉を刺したりする危険もあった。発明の入れ歯は、金属を使用せず、負圧による面固定と唾液による吸着、熱可塑性プラスチックを使用する事により、強固な支持力が得られ、従来の金属(パラタルバー、リンガルバー)が不用になり、嚥下障害や発音障害に有効である。又、金属アレルギーや、上記の着脱の危険もなく、唾液による吸着で密着度がいい為、残存歯に負担も少なく雑菌も少なくよく噛める。

  • ireba

この発明品について問い合わせる

発明品カタログ電子ブック

発明品紹介