一般社団法人 沖縄県発明協会

発明品紹介

発明品詳細

木のホワイトボード ブレスト

種 別 :
意匠
番 号 :
第1348025号
氏 名 :
松本 幸治
掲載日 :
平成23年4月5日

弊社は沖縄の特異文化から生み出される伝統工芸に着目し、随所に沖縄ならではの素材やモチーフを取入れた木工創作品などを企画・製作を行なっている企業です。

特徴

近年に於けるホワイトボードは情報共有が図られるメディアであり、オフィスや会議室、などに欠かすことの出来ないツールとして必需品です。しかし既存のホワイトボードのほとんどがアルミやスチールで製作されております。それをフレームや脚部を木製でデザインすることで今までに無い木のぬくもりがビジネスシーンに潤いを与えてくれます。中央に設けた天板はデコレーションを楽しんでいただくために、小物やお好きなモノが置けるように設計されております。その天板の先端は鳥のウイングをイメージして仕上げてあり、デザインにも配慮したホワイトボードが誕生しました。

効果

ビジネスシーンなど、ホワイトボードを前にして創造的な意見が交わされることが多々あります。その様な時にクリエイティブな発想で製作された本製品は柔軟な発想や、インスピレーションにも良い影響を与えてくれるなど相乗効果が生れます。もう一つの位置付けとしては循環型社会に貢献するというコンセプトでも設計されています。環境にやさしい素材を使用し、ライフスタイルの中で使い捨てるから大事に使い続けられる商品づくりです。これは環境経営を重視している企業にとってはCSR(企業の社会的責任)活動の一環として捉えられ、企業の価値観を上げることができます。

発明ポイント

既存のホワイトボード等はフレームや脚部は頑丈な金属類などで構成されています。又、組立て分解が簡易に行えます。それを木製にすると材質が柔らかったり重かったりと不安定な仕上りになり製品化するまでには至らない状況でした。そんな中、野球のバットや家具に使用されている硬くて木目が奇麗なヤチダモに着目し、製作したところネジ止めや木組みなどの相性も良く、頑丈でかつスタイリッシュに生産することができました。次の課題として組立て分解が容易にできるようにと弊社の設計技術でよりコンパクトに収納も可能になり、容易に組立てることに成功しました。

  • pic_p32_1

この発明品について問い合わせる

発明品カタログ電子ブック

発明品紹介