一般社団法人 沖縄県発明協会

発明品紹介

発明品詳細

生け花式額

種 別 :
特許
番 号 :
特許第3801948号
氏 名 :
仲程 悦子
掲載日 :
平成23年4月28日

プランツアート教室のご案内
水曜日(13:00~16:00)
場所:牧港1-63-10 コーポたから 202
月謝:5,000円  入会金:なし  材料費:300円程度
花と絵は毎週違います。

特徴

 花などの生きた植物を生けることのできる額です。額の内部に水皿に海綿状の吸水素材のスポンジ状又は剣山を設置出来る構造になっています。それにより、絵画にあわせて立体的に作品を表現できます。絵画や生け花を超越した表現技法が出来る事を特徴としています。

効果

 水皿の設置の自由度がありますので、いろいろな作品や絵画に対応できます。また、2枚のパネルを使用して奥行きや背景としの表現が可能ですので、極めて自然な立体的な雰囲気を引き出すことができる。特に、生きた植物である花や枝などの植物が枯れないように維持できるので、長期間にわたって、生きた植物を観賞できる。

発明ポイント

 生け花の技法と額を用いた絵画や写真などの展示技法を併用可能とすることによって、より立体的でしかも自由で伸び伸びとした自然な演出可能とすることにある。生け花などの生きた植物を生けること可能になることで絵図や写真による表現との相乗効果によって、より複雑かつ豊かな表現が可能となり、限られた空間で、従来の額や生け花を超越したアートが実現できます。

  • gaku

この発明品について問い合わせる

発明品カタログ電子ブック

発明品紹介