一般社団法人 沖縄県発明協会

発明品紹介

発明品詳細

鉄柱の固定構造

種 別 :
特許
番 号 :
3703740号
氏 名 :
前城 義弘
掲載日 :
平成23年4月28日

MY工法 鉄柱革命
生産コスト30%軽減
公園工事における多目的遊具 休養施設 案内板 造形物
建設物 鉄骨支柱構造物

特徴

 鉄骨材料用いて柱構造体を加工生産する材料、H形鋼、角形鋼管、丸形鋼管及びその他、鉄鋼材料を使用。支柱形を加工構成するすべての材料に適応する事が可能。本発明は、使用材料の数量及び生産コストの軽減を図る事を目的に開発する。

効果

 使用材料数量の減少による材料価格の軽減。
 生産性の向上によるコストの減少。
 現場作業の効率化。
 多目的構造物の生産が可能、公共工事における公園施設、休養施設、案内板造形物、民間、住宅、工場等、鉄骨支柱構造物、立体駐車場。

発明ポイント

 現在従来型鉄骨建込み工法は支柱材料にベースプレート及び補強プレートを加工取付けし現場においては柱建込みするためのアンカーボルト設置をするための+-1の精密度を有する工程から成り立っている。
 本発明は柱材本体に直接固定用アンカーボルトを1体型とする事によって作業の効率化とアンカーボルトの役割を構成する。
 支柱固定する基礎コンクリート位置がスリーブの状態に有り柱材料の建込みが簡単に施工可能。耐震性及びヨコ揺れ防止に有効である。

  • tecchu

この発明品について問い合わせる

発明品カタログ電子ブック

発明品紹介