一般社団法人 沖縄県発明協会

事業案内

訪問対象企業

  • 地理的な理由で知財総合支援窓口に来訪することが困難な場合。
  • 中小企業等の業務時間の関係で知財総合支援窓口に来訪することが困難な場合。
  • 複数の相談者がいるため知財総合支援窓口に来訪することが困難な場合。
  • 機械設備等を直接確認する必要がある場合。
  • 緊急に対応する必要がある場合。
    • ・特許庁から応答期限が設定されている
    • ・権利侵害の可能性がある
    • ・権利侵害で警告を受けている
    • ・日本国以外の国へ特許出願等を予定している
  • その他、直接訪問指導する必要があると判断した場合。

知財専門家の派遣

実施前に、窓口支援担当者がお話をお伺いし、課題や相談内容を整理させていただきます。 訪問する知財専門家は、課題の内容に応じて弁理士、弁護士、中小企業診断士など、適切な専門家を選定します。 訪問回数は課題に応じ5回を上限とし、企業のご負担はございません。

代表的な継続支援例

第1回 事業内容・取り組み等の確認(ヒヤリング)
第2回 知財を用いて解決できる課題の分析、
具体的な内容の確認
第3回 課題に対する解決策(発明)の追求・発掘・展開に
ついての議論・助言
第4回 必要に応じて、特許請求の範囲についての
検討・議論・助言
第5回 必要に応じて、明細書作成についての検討・
議論・助言(完了)
全国共通 0570-082100(有料)
http://www.okinawa-jiii.jp/

メール作成画面が起ち上がります。
宛先に、上記メールアドレスの■を@に置き換えて入力して下さい。