一般社団法人 沖縄県発明協会

発明協会について

 

事業目的

「知的財産活用支援事業」では、知的財産を保護・活用する意識向上を図り、県内中小企業の産業競争力強化や産業人材の育成を行います。

1 知的財産保護調査支援

●知的財産を積極的に活用しようとする県内業界団体等へ、弁理士などの専門家チームを継続的に派遣し、企業が抱える経営や知的財産面の課題を解決に導きます。

●団体内の構成員に対して、じっくりと専門家のアドバイスを受けたい団体へお勧めします。

さらに詳しく見る

2 外国特許等出願補助・ハンズオン支援

●優れた技術等を海外において活用する中小企業へ、外国出願経費の一部補助を行い、企業の海外展開を支援します。

●採択企業(H27年度採択企業含む)に対し、ハンズオン支援の案内を行い、採択事業者の海外販路開拓を支援します。

さらに詳しく見る

3 知財人材育成支援

●知財教育を推進するモデル校(普通高校、工業高校、商業高校、農林高校、高等専門学校、専門学校、大学等)へ、弁理士等の講師派遣等を通じて、知的財産に対する関心、知識を高める機会を提供します。

●知的財産創造に関わる研究開発系企業・公的研究機関に対し、弁理士等の講師派遣等を通じて技術の掘り起こしや特許化、出願手続きや書類の作成について支援を行います。

さらに詳しく見る

知財メールマガジンの発行

●本事業に関連する、募集情報、その他知財に関するヒントを提供するメールマガジンを発行しています。(隔月、イベント・募集情報等がある場合は不定期発行)以下から是非登録、購読をお願いいたします。

●メルマガ読者登録(別のページへ飛びます)

●メルマガ読者解除(別のページへ飛びます)

お問合せ

本事業に関するお問い合わせは、こちらから↓

 ask rogo

 

過去の実施事業はこちら